森林管理

スキャン・エックスは森林管理をデジタル化することにも貢献します。 東京大学と共同研究で高度な樹木抽出解析アルゴリズムを開発し、 点群データから自動で樹木の本数、XY座標、樹高、胸高直径などを算出することができます。
これまでは未整備の山に入り、1本ずつ樹木を計測する作業は危険かつ時間がかかっていました。 ドローンレーザーやバックパック型レーザーとスキャン・エックスがあれば、こういった作業をデジタル化、効率化することができます。

活用事例

  • 新和設計株式会社

    齋藤恵太様

    とにかく操作が軽く、顧客とのデータの共有も簡単

    直感的な操作性やサブスクで低価格帯であること、また、高スペックのPCを必要としないクラウド処理型で有る事が決めてとなり導入に至りました。

  • 株式会社東豊開発コンサルタント

    技術本部梶原 高広様、伊藤 教光様

    観測後にお客様にデータを早く見せられ、立木調査が概算で出せ、導入も手軽

    既存のソフトで細かい処理をしないでもデータアップロードするだけで協議用に使え、打ち合わせ協議などでは、観測後「いつでも」「どこでも」見せることが可能となった。

快適で便利な
ワークライフを!

導入にあたってのご不安や疑問点を丁寧にお伺いし、貴社のICT推進、業務効率化のお手伝いをいたします。
まずは14日間の無料体験からお試しください。

資料請求・無料体験はこちら
取材依頼・採用などに関する一般的なご質問はこちらからお問い合わせください。