森林管理

森林の点群データから樹木1本ずつのデータを自動出力
ドローンなど空撮によるLiDAR測量や写真測量で取得した森林の点群データをScanXにアップロードし、 樹木解析ボタンを押すだけで、樹木1本ずつ抽出したデータを自動出力できます。 樹木の本数、XYZ座標、樹高などを自動算出。CSVデータなどでダウンロード可能です。
点群データに建物と森林が混在していても樹木のみ抽出
取得した点群データに樹木以外の人工構造物が含まれている場合でも、 ScanXの自動分類で人工構造物と樹木を分けられるため、樹木の点群データに対してのみ樹木解析が可能です。 森林の点群データが複数あっても並列処理のため、作業時間削減 複数の森林点群データも並列処理で解析が可能です。 1つの点群データ解析処理が終わるのを待って次のデータをアップロードする必要がないため、点群処理の作業時間を削減できます。

プロプラン以上をお使いの方にご利用いただけます。

活用事例

  • 新和設計株式会社

    齋藤恵太様

    とにかく操作が軽く、顧客とのデータの共有も簡単

    直感的な操作性やサブスクで低価格帯であること、また、高スペックのPCを必要としないクラウド処理型で有る事が決めてとなり導入に至りました。

  • 株式会社東豊開発コンサルタント

    技術本部梶原 高広様、伊藤 教光様

    観測後にお客様にデータを早く見せられ、立木調査が概算で出せ、導入も手軽

    既存のソフトで細かい処理をしないでもデータアップロードするだけで協議用に使え、打ち合わせ協議などでは、観測後「いつでも」「どこでも」見せることが可能となった。

快適で便利な
ワークライフを!

導入にあたってのご不安や疑問点を丁寧にお伺いし、貴社のICT推進、業務効率化のお手伝いをいたします。
まずは14日間の無料体験からお試しください。

資料請求はこちら 無料体験はこちら
取材依頼・採用などに関する一般的なご質問はこちらからお問い合わせください。